漫画が原作の映画で人気の作品はどれ?

漫画が原作の映画で人気の作品と言えば、浦沢直樹原作の本格冒険科学映画 20世紀少年があります。20世紀少年は、人気の漫画が原作の映画作品で、堤幸彦監督がメガホンを取りました。唐沢寿明、豊川悦司、平愛里、常磐貴子など豪華俳優が共演していて、とても見応えがあります。映画は原作とは違うストーリーになっていますが、原作と照らし合わせながら観ると、一際違った面白さがあります。松本大洋原作の青い春も人気があります。ピンポン、鉄コン筋クリートなど、松本大洋が描いたマンガの短編集になりますが、それを豊田利晃監督が映画化しました。出演は、松田龍平、新井浩文、高岡蒼甫、忍成修吾、瑛太など、錚々たるメンバーが出ています。不良だらけの底辺高校を舞台にした青春映画ですが、思春期真っ只中の高校生の青春を爽やかに表現しています。浅野いにお原作のソラニンも映画化されたことで話題になりました。ソラニンは、週刊ヤングサンデーで連載されて好評を博しました。映画は三木孝浩監督がメガホンを取っていて、宮アあおい、高良健吾、桐谷健太、伊藤歩など今をときめく俳優が出演しています。

 

漫画大人向け