歯科助手の主な仕事内容

歯科衛生士と歯科助手は混同されることが多く、患者として歯科医院にお世話になるときにはほとんど違いは判りません。ただこの二つには明確な違いがあり、歯科衛生士になるためには国家資格を取得する必要がありますが、歯科助手は必要ありません。歯科衛生士は歯石・歯垢の除去をすることができますが、歯科助手は歯科衛生士が行うような口腔ケアは一切できません。では歯科助手の主な仕事内容はどういったものなのでしょうか?治療で使用した器具を洗浄・滅菌したり、予約している患者さんの治療の準備といった業務のほか、治療をしている時にお口の中の水やだ液を吸うバキュームをもつ、銀歯を装着するためのセメントを練るということも歯科助手に任されるお仕事です。席までの案内やカルテ整理、受付といった業務も担います。一人で患者さんの治療を行うことはありませんが、歯科医療のサポート役として歯科医になくてはならない存在です。歯科衛生士になるためには専門学校に通う必要がありますが、歯科助手を数年間行った後にさらなるステップアップのために歯科衛生士の資格を取得するという方も多いようです。

 

家事代行サービス口コミ